家の模型と間取り図面

新築住宅は中古と比べてよさが豊富にあります

庭付きの家

新築住宅と中古住宅はどちらを選ぼうか、迷っている方は多いでしょう。中古住宅は値段が安いのですが、長く住みたい場合は新築住宅ならその良さがいっぱいあります。新築住宅は、見た目がきれいで最新の設備が取り入れられています。太陽光発電など、光熱費が安くなるようなシステムも導入されています。税金の関係でも、中古よりは優遇されている面が多いです。中古の住宅の場合は、維持費も掛かってしまったり、リフォームが必要な場合もあります。
大型の分譲住宅の場合は、スーパーやコンビニ、学校が近くにある家が多くなります。間取りや、壁の色のパターンも複数用意しているので、幅広い選択肢の中から選ぶこともできます。入居者全員が、最初からコミュニティを作るので、グループで固まっていないのも小さいお子さんがいるママには安心です。高齢者の方がいる家庭では、バリアフリーの住宅を手に入れることもできます。
中古物件では、リフォームが難しい場合もあります。最初にネットで検索する方がほとんどですが、現地に行って確認することは必要です。展示会やイベントなどで、専門家の相談も受けることができます。住宅ローンのことも、有利な金融機関について教えてくれるので助かります。予算オーバーをしないためにも、最初はその予算を低めに見積もってもらいましょう。