中古じゃなく新築住宅がいい理由

四角いデザインの家

新築住宅がいい理由は、維持費が安いからです。マンションは戸建てと違い毎月の管理費と修繕積立金が必要になります。管理費はマンションを管理していく上の必要経費となりますので、年月がたってもそれ程変動はありません。グレードの高いコンシェルジュ付きや共有部分にフィットネスジムやシアタールームがある場合は元々高い管理費に設定されている場合が大半です。
しかし修繕積立金は新築住宅と中古では大きな差があります。それは築年が古ければ古いほど高くなっており、新築住宅の倍以上のことも珍しくありません。また大規模修繕工事前などには一時金の徴収もある場合がたります。また旧耐震の物件で耐震診断をおこなっている場合は国の指定で補強工事が義務づけられている時は、修繕積立金で積み立てている金額では到底補修できない金額が必要になります。毎月の出費を減らしたい場所は新築住宅を選ぶべきです。
また、新築住宅は10年間売主が瑕疵を担保する責任を負っていますので、万が一雨漏りや躯体に欠陥があった場合なども売主が修正してくれます。購入する時のポイントとしては大規模なマンションが良いです。理由としては管理費、修繕積立金が大規模になればなるほど安いからです。